未分類

新しい生活様式のため生命保険業界は何を犠牲にするのか?

こんにちは!

しばらく家族が休日のため更新ができません。

いつもはパソコンで更新しているのですが、子供が休みの日はパソコンでブログを書くことしないと決めたので、ご理解いただければ幸いです。

なので、スマホからの更新です。

いつもと感じが違って見にくいと思います。

今回の記事は、中身はあまり無いです。

この記事を書いている段階では、コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の延長がきまり、新しい生活様式が示されたところです。

この新しい生活様式によって、生保レディが伝統的に行なってきた、対面の営業スタイルは今後どうなるのでしょうか?

会社側も、今までと同じというわけにはいかないでしょうから、何かを犠牲にしなくてはいけないはずです。

 

現在、生命保険各社の拠点は閉鎖され、対面営業や訪問活動は自粛されています。

 

ゴールデンウィーク明けも、13の特別警戒地域については、同様の対応が継続されると予想しています。

しかし、それ以外の地域ではどのような措置を取るのか?については、正直、予想がつきません。

 

もしも、特別警戒地域外だからといって、いきなり今までのような訪問をすることが許される雰囲気であるとはとても思えません。

活動先の事業所であれば、ハッキリと出入りを拒否されるかもしれませんし、個人宅だって不快感を与えるかもしれません。

 

はたして、今後はどのような形の募集方法を取るのでしょうか?

会社はどんな指示を出してくるのでしょうか?

おおむね、各社横並びの対応になるであろう、とは考えています。

 

この辺の詳細が分かり次第、私なりの考えをこのブログで発信したいと思います。

 

情報がありましたらお知らせいただけると助かります。

 

 

それから、ひとつお知らせがあります。

実はいままではコメント欄を公開しているつもりが、表示されていませんでした。

この度、設定を変えてコメント可能になりましたので、お気軽にコメントしていってください。

不安や不満がある人はとてもたくさんいるはずです。

とても家族や会社の人には言えないことでも、ここのコメントであれば個人が特定されることはありません。

スパム防止のためメールアドレスの入力欄がありますが、メールアドレスが自動公開される事もありません。

私が勝手に公開することもいたしません。

コメント書くことは愚痴でも相談でも構いません。

お好きなことを書いてくださいね。

安心して、想いをぶつけてください。

 

ABOUT ME
fp-miyabi
20代半ばで大手国内生命保険会社の営業職に転職してから、10年間にわたり保険外交員(生保レディ)として働いてきました。採用やマネジメントも経験したうえで、なぜやめる決断をしたのか?やめて後悔していないのか?など、生命保険営業をやめる事について私なりの考えをブログを通して発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です